奇跡を起こす365日コーチング

こんにちは、井上裕之です。
この手紙をご覧になっているあなたは、

「あのとき、こうしておけば良かった!」

と思ったことはないでしょうか。

「あのとき行動していれば……」
「あのとき勉強していれば……」
「あのとき気持ちを告白していれば……」
「あのとき欲を出さなければ……」
「あのとき無神経な発言をしなければ……」

……など、誰でも一度は、後悔した出来事があると思います。

多くの人は「頭でわかっていながら行動できない」のではないでしょうか。
でも、成功者は違います。
実際、私は多くの成功者と付き合う機会が多く、彼らに共通しているのが、

「思ったらすぐに行動」

ということを徹底して実践していることです。
普通の人と成功者の違いは、この一点に尽きるといっても過言ではありません。

私の人生もこの「思ったら、すぐに行動」を心がけてから、大きく変わりました。
処女作はベストセラーになり、全国ネットのテレビで特集され、
日本国内の大学だけでなく、ニューヨーク大学やテンプル大学でも要職を
任されるようになったのです。

そのきっかけになったのは、あの事故の経験でした。

すでに多くの方がご存じの通り、私たち家族は交通事故に遭い、
妻が植物状態になったのです。
愕然とした私は、どうしてもあきらめきれませんでした。

ですから、たくさんの本を読みました。
良い医師がいると聞けば、すぐに会いに行きました。
毎日病院に通い、懸命に話しかけました。
それはもう、あらゆる「やるべきこと」は何でもしたのです。

その結果、奇跡が起きました。
妻の意識が戻ったのです。