負けから這い上がる方法

2020/5/22発売

こんな人に

■何があっても立ち上がれる人は何が違うのか?

本書はベストセラー作家・歯科医でもある
井上裕之と、

『PRIDE』のリングで
世界の一流ファイターと闘ってきた格闘家であり、
現役引退後は、企業研修「ファイトネス」を行う大山峻護による

学校/社会では教えてくれない
困難を乗り越える人のための本

です。

“目の前の状況は、いつか変わります。厳しいときもいずれ終わりがきます。そのときに誰よりも先に行動できるのは、やるべきことをきちんとやっていた人です。常に本気で生きよう。”

この言葉は本書の井上裕之の言葉です。

本書を読むことで、

ストレスやプレッシャー、
困難や逆境を、
乗り越え活かしていくための勇気

が湧いてくるのではないかと思います。

大山自身、本書で、

“たくさん失敗してきましたが、
すべての経験を力に変える事ができる。
心が倒されても、折れてもいい。挫折しても失敗しても恥をかいてもいい。折れたままでいるのか、折れた心を未来に繋げて前進できるのか。”

と話しています。

本書の見出しは、

はじめに
1章 挫折に打ち勝つ思考法
2章 挫折を乗り越える目標の叶え方
3章「何のために」が人を強くする
4章 逆境を克服するメンタル強化法
5章 相手の喜びはエネルギーに変わる
おわりに

となっていますが、

どんな逆境や挫折に直面しても
希望を失わずに
乗り越えていただきたい

そんな想いから本書は創られています。
ぜひ、お楽しみくださいませ。

あなたにおすすめな井上先生の本は

  • 『「歯」を整えるだけで人生は変わる』世界のビジネスエリートが成功するために必ずやっていること

    2019/12/12発売

    日本実業出版社

    こんな人に

    詳細を見る

  • 『図解 ドラッカーに学ぶ歯科医院経営50のヒント (QDM(クイントデンタルマネジメント) Vol.01)』

    2012/12/10発売

    クインテッセンス出版

    こんな人に

    詳細を見る