本物の気づかい

ディスカヴァー・トゥエンティワン2020/12/18発売

こんな人に

一瞬の気づかいが一生の武器になる。
累計130万部の著者が初めて語る「人付き合い」で一番大切なこと

ビジネスでの接待や過剰な関わりが少なくなっている現代においては、
気づかいの判断基準が難しく、「余計なことになるなら、しないほうがいいかも」
と思ってしまうシーンが少なくありません。

しかし、いくら世の中やビジネスで簡素化・簡略化が進んでも、
人は何かをしてもらったり、
してもらったことにお返しがあったりすれば、よろこびを感じます。

これは、人の心理なので、変わることはありません。

そのため、小さなことでいいので、
「気づかい」を心掛けてみてください。

たとえば、

・贈り物をするプレゼントは、実際に手に取り、どんなものか確認してから送る
・仕事がつまっている同僚に、缶コーヒーの差し入れする
・上司が確認する資料に、付せんでひと言添える
・誰よりも早く誕生日のメッセージを送る
・些細なことでも「ありがとう」を欠かさず伝える

など、ちょっとしたことで十分です。

誰にでもできる簡単なことですが、これが人生を変えます。

こうした気づかいをほとんどの人がしていないため、
気づかいをするだけで、自分にしかできない価値も生み出せます。

「わたしは気が利かないから……」と悩まれる人がいますが、
気づかいは、「習慣」にすることで誰でも身につけられます。

まずは、「相手によろこんでもらいたい」という気持ちを
「行動」で表現するならどんなことができるか考えてみてください。

気づかいのできる人は間違いなく人に好かれます。
そして、どんな仕事も相手によろこんでもらえたら成功します。

本書では、能力や才能にかかわらず、
誰でも実践できる気づかいを紹介しています。

「気づかい」だけで人生が変わることを、
ぜひ、実感してみてください。

あなたにおすすめな井上先生の本は

  • 『「どうせ私は」を、やめてみる。』

    2015/1/24発売

    日本経済新聞出版社

    こんな人に

    詳細を見る

  • 『たった一度の人生を、自分らしく思い通りに生きる方法』

    2014/11/25発売

    学研マーケティング

    こんな人に

    詳細を見る